IRの仕事、業務内容

IRとは

IR(=Investor Relations)とは、「投資家向け広報」と訳されることもあり、企業が投資家や株主に対して、経営や財務の状況などの必要な情報を提供する活動を指しています。

IRはアメリカが発祥で、日本企業における取り組みは1990年代後半から活発化してきたもので、日本ではまだIRとPR(広報)を混同している企業も少なくありません。

PRとは、Public、つまり「公」に向けて自社の商品やサービスを宣伝する取り組みを指すため、IRとは一線を画した職務となります。

一般企業であれば、業種を問わずどんな企業にとっても投資家や株主の存在が欠かせないため、IR担当者の存在は必要不可欠です。

しかし、企業によってはIR専任の担当者を置かず、PRとひと括りにして広報部が担当することもあります。

IRの仕事内容

IR担当者の具体的な仕事内容としては、まず、企業説明会やグループミーティング、決算説明会などにおいて投資家や株主に対して直接、自社の経営方針や企業理念を紹介する、質疑に答えるなどの活動を行います。

また、事業年度終了後には、財務状況や今後の経営戦略などを記した「アニュアルレポート」と呼ばれる報告書を作成し、投資家や株主に公表。

その他に、アニュアルレポートに付随するデータをまとめた資料や事業報告書などを臨機応変に作成することもあります。

自発的かつ継続的に公平な情報開示を行ってこそ、企業と投資家や株主との信頼関係を築くことができるため、近年では自社のホームページでリアルタイムな情報を公開している企業も増えてきました。

こうした企業の場合は、掲載する資料の準備もIR担当者の業務となります。

社内的には、自社の財務や経営状況を常に把握するために、経営企画部や財務部などとの情報共有を蜜に行う必要があり、ニュースリリースや広告などの状況を把握するためにはPR担当者とも二人三脚で業務を進めます。

企業における「IR活動」に対する注目度が、年を追うごとに高まってきています。