IRの仕事、業務内容

IRとは IR(=Investor Relations)とは、「投資家向け広報」と訳されることもあり、企業が投資家や株主に対して、経営や財務の状況などの必要な情報を提供する活動を指しています。 IRはアメリカが発祥で、日 … 続きを読む

IRの1日

ある大手メーカーで働くIRの1日 メーカーの場合は、サービス業などと比べて商品の流れや売上げが把握しやすいこともあり、財務状況をこまめに情報開示している企業が多くあります。 企業イメージが即、商品の売れ行きにつながること … 続きを読む

IRのやりがい、魅力

企業の発展に貢献する仕事 決算説明会などにおいて、株主や投資家を相手に経営状況の報告を行ったり、理念や戦略を伝えたりするほか、質疑応答を担当するのもIRの仕事です。 IR担当者がしっかりと将来的なビジョンを説明し、株主の … 続きを読む

IRのつらいこと、大変なこと、苦労

世間に浸透していない職種 IR活動は近年、盛んになってきているものの、まだ歴史が浅く、世間一般に理解されている職種とはいえません。 取り入れる企業の方も、広報部の仕事のひとつだと認識していることが多くあります。 本来、株 … 続きを読む

IRの現状と将来性

これまでの日本のIR アメリカが発祥のIRが日本に伝わり、「日本IR協議会」が設立されたのが1993年。 それから20年以上が経ち、日本においてもIRという言葉がかなり浸透してきました。 しかし、その重要性を理解していな … 続きを読む

IRの社内での位置づけ、役割

経営陣の代行役 IRは自社の利害関係者であるステークホルダーに対して、経営や財務の状況などの情報を提供することが主な活動になります。 ステークホルダーは株主や投資家をメインとし、広い意味では消費者や顧客、取引先、地域社会 … 続きを読む

IRの種類

会社の規模や組織により異なる仕事内容 日本でIR活動が盛んになってきたのは1990年代後半からで、まだ歴史が浅く、IR業務を行っている企業は年々増えてはいるものの、専任のセクションを設けている企業は極めて少ないという現状 … 続きを読む

IRのキャリアパス

IRのキャリアパスとは IRは、企業の中で昇進するにつれて辿るルートであるキャリアパスが明確になっていない職種のひとつです。 たとえば営業職なら、営業部のスタッフに始まり、グループリーダー、主任、係長、課長、部長、取締役 … 続きを読む