一般事務の仕事、業務内容

企業や組織でさまざまな事務作業を行う

一般事務は、民間企業や官公庁、団体といったさまざまな組織で事務作業全般を担当する職種です。

具体的には、資料や契約書の作成、郵便物の仕分け、ファイリング、メールやFAX送信、データ収集、電話・来客応対などが、おもな業務内容となります。

高度な専門知識やスキルが問われる仕事は基本的に行いませんが、企業や部署によっては英語力を生かして海外とのやりとりを行ったり、経理など専門知識が必要とされる仕事を任されたりすることもあります。

勤務先や配属先によって仕事の流れは異なりますが、業務範囲が幅広いため、臨機応変に対応する必要があります。

ほとんどの企業において一般事務が活躍していることを見ても、組織運営には不可欠な存在だといえるでしょう。

縁の下の力持ちとして活躍する

一般事務の仕事は、基本的にオフィスワークとなります。

ルーティンワークも決して少なくないものの、「縁の下の力持ち」となって他のスタッフが業務を効率的に進められるようサポートします。

一見、簡単にできそうな仕事と思われがちですが、よく気が利き、その場の状況を素早く把握しながら作業を正確にテキパキと進められる一般事務として活躍するのは、決して簡単なことではありません。

一般事務に求められるもの

特別なスキルや資格はあまり求められませんが、どの職場においても業務の大半はパソコンを使って行うものとなるため、ExcelやWordの基本操作ができることは必須条件としている企業が多いです。

そのほか、生かせるスキルとしてはビジネスマナー、簿記、英会話などが挙げられます。

また、事務スタッフといっても、社内では他職種のスタッフとやりとりする機会が多くあります。

また、電話応対や来客応対など、外部の人とコミュニケーションをとる必要が出てくることもあるため、丁寧で誠実な対応ができる人が望まれます。

組織ではサポート役としての活躍が期待されるため、細やかな気配りや気遣いができる人は歓迎されるでしょう。

仕事体験談