インテリアデザイナーになるには

資格はあるがマストではない

インテリアデザイナーになるのに必ず必要な資格はありません。

ただ、持っていると就職活動がしやすかったり、周りに認めてもらいやすい資格はいくつかあります。

インテリアコーディネーターやインテリアプランナー、インテリア設計士などの受験資格に制限のない民間資格から、国家資格となる建築士まで、その資格はさまざまです。

インテリアコーディネーターの仕事

いずれの資格もマストではありませんが、持っていると依頼主への安心材料にもなり、仕事もしやすくなります。

そのため、率先して資格をとっているデザイナーも多いようです。

専門学校から美大、キャリアアップスクールまで

インテリアデザイナーになるには、どんな学校で学べば良いのでしょうか?

スタンダードなのは、専門の学校や大学、美大に通うことです。

専門学校だと、デザイン系学校のインテリアデザイ科などが一般的ですが、最近ではインテリアデザインに特化した専門学校もあるようです。

美大でも同じように、デザイン学部の空間デザイン科やインテリアデザイン科があります。

建築的な分野を強化したいようであれば、製図専門学校や美大の建築科を選ぶのもよいでしょう。

年齢制限もないので、インテリア好きな女性などが社会に出た後に目指すケースも少なくありません。

仕事をしながら通えるキャリアアップスクールにも、専門のコースが用意されているところが多々あるようです。

設計図の読み方、製図の専門知識、何より必要なのはセンス

専門学校や美大では、空間デザインの基礎知識から、設計図の読み方、製図の書き方はもちろん、照明器具や家具などの専門知識、プレゼンテーションのやり方までさまざまなことを学びます。

どれもインテリアデザイナーになるには大切なことですが、星の数ほどいるデザイナーたちの中で頭ひとつ出たいなら、やはりデザインセンスを磨いておくのがベストです。

設計図や製図と違い、正解がないのがデザインです。

「あの人じゃないとこの空間はディレクションできない!」と思われてこそ、一人前のインテリアデザイナーといえるのです。

どんな空間を手掛けたいかで変わる就職先

ハウスメーカーや、空間コーディネートを手掛けるデザイン事務所、建築事務所、大手飲食店メーカーなどのインハウスデザイン部など、就職先はさまざまです。

自分がどんな空間を作りたいか、どんな仕事を手掛けたいかで、就職先を選ぶ人が多いようです。

経験を重ね、視野を広くすることが大切

人によって差はありますが、一人前のインテリアデザイナーになるまでにはだいたい10年くらいかかるといわれています。

専門知識をしっかりと身に着け、現場での流れを把握し、関連会社とのやりとりもスムーズにできるようになるまでにはやはりそれなりの時間がかかります。

企画打ち合わせから入り、プレゼンテーションを成功させ、詳細が決定したら、必要な資材や人手を手配です。

微調整を加えつつ、スケジュールがずれないように現場も管理して…、引き渡しまで一切気を抜けません。

インテリデザイナーには、デザインセンスや専門知識だけでなく、気転や広い視野が必要です。

キャリアを重ね、トラブルや、ミスを回避したり予測できるようになることが大切なのです。