インテリアデザイナーの未経験採用は?

大手企業なら未経験採用もあり

ハウスメーカーや、飲食店やショップのインハウスデザイン室など、大手企業は中途採用でも未経験OKの募集があります。

いずれも社員スタッフの人数が多く、仕事もある程度システム化しているため、初心者を育てる余裕があることが多いからです。

また、このような企業は社内の別部門からの異動もあり、企画部からの異動、設計部からの異動なども時折見られます。

新卒での募集もほぼ毎年かかります。

新卒も中途採用もまずは現場を知るために、入社後さまざまな部署に研修で出ることもあります。

大手転職サイトや、企業ホームページなどに求人掲載されることが多いので、気になる企業があったらマメにチェックするようにしましょう。

経歴によっては未経験でも採用ありのデザイン事務所

インテリアデザインを専門に請け負うデザイン事務所は、ホームメーカーや設計事務所などに比べると、アーティスティックな仕事も多く、デザイン力にとくに力を入れているところも多い傾向にあります。

そのようなところであれば、インテリアデザイナーの経験はなくとも、デザイン業界でのスキルがあれば採用してもらえる可能性はあります。

デザイナーとしてどんな物をプロデュースしてきたのか、どんなデザインスキルがあるのか、これまでの制作物を参考にセンスや才能をはかられます。

そして、十分なセンスや才能、スキルがあると判断されれば、晴れて採用されることでしょう。

新卒の場合も同じく、学校での作品や成績が判断基準となりますが、未経験でもデザイン事務所からインテリアデザイナーとしてデビューすることは十分可能といえます。

未経験での採用は厳しい、少数精鋭派デザイン事務所やクリエイター集団

2人から3~6人など、数名のデザイナーでユニットを組んでいる新進気鋭のクリエイター集団もいます。

全員インテリアデザイナーの場合もあれば、建築士&インテリアデザイナー&家具デザイナー&インテリアコーディネーターなどのそれぞれ職種の違う組み合わせなことも。

それぞれがフリーとしても仕事ができるくらい活躍しているデザイナーであることも多いため、コネや紹介でもない限り未経験での採用募集はほとんどないと思っておいて間違いはないでしょう。

もちろん、新卒での採用もほぼありません。

アルバイトや、アシスタントから始めるのもあり

未経験者の中途採用や新卒採用をおこなっていないところでも、アルバイトやアシスタントならば募集しているデザイン事務所も多くあります。

まずは先輩たちの下で働きながら、現場を知り、技術を学ぶのは、何よりも力強いスキルアップになります。

「将来は絶対インテリアデザイナーになるんだ!」という強い意志があるなら、雇用形態にこだわらず、まずは経験を積むことから考えてみてもいいかもしれません。