インテリアデザイナーの就職先、活躍の場

インテリアデザイナーはどこで働いている?

インテリアデザイナーの就職先、働き方は主に以下の3つです。

・ハウスメーカー、建築事務所
・デザイン事務所
・フリーランスとして独立

ここではそれぞれについて詳しくみていきます。

ハウスメーカー、建築事務所

ハウスメーカー、建築事務所に所属するインテリアデザイナーは、主に一般住宅を手掛けます。

契約されたお客さまの希望を伺いつつ、予算内でさまざまな提案をしていきます。

照明やカーテンの選定から、たてつけ家具の選定、作り付けの棚の造作の寸法や素材の選定までさまざまな提案をしたり、モデルハウスのデザインを手掛けることもあります。

女性にとくに人気の高い就職先です。

ハウスメーカーは大手だと全国展開していることも多く、出張なども多く入りますが、建築事務所は、地域密着型も多く、少人数で運営しているところも多くあります。

デザイン事務所

インテリアデザインを専門に手掛けているデザイン事務所も多くあります。

ハウスメーカーなどに比べると小さい規模の会社が大きく、「最初はアルバイト採用で研修から」など、待遇や安定面などで足りないところもあるかもしれません。

しかしデザイン事務所の良い点は手掛ける仕事の選択肢が幅広いところ。

一般住宅はもちろん、ホテルや美術館、ショップ、イベントブースなどなど、ちょっとアーティスティックな場所の仕事もたくさん舞い込んできます。

自分の感性やセンスを活かして、色々な仕事をしたいという人にはとても魅力的な就職先です。

フリーランスとして独立

ある程度のキャリアを積み、業界でも認められてきたら会社をやめて独立する人も少なくありません。

フリーランスとして、ひとりで仕事をすることもあれば、デザイン事務所を開業することもあるでしょう。

業界全体で、熟練プロのインテリアデザイナーが不足気味のため、下積み時代の信頼や強いパイプがあれば、独立してからも仕事は安定的に舞い込みます。

そのためにも、仕事は確実に、期限は厳守、周囲とのコミュニケーションやつながりを大事に仕事をすることが重要です。

企業で働く際も、独立してからも、決してひとりでできる仕事ではないからです。