インテリアデザイナーnawaさん

1995年生まれ。静岡県浜松市出身。 東京モード学園 インテリア学科2015年度卒業。卒業後、インテリアデザイナーとして、店舗デザインから住宅デザインまで幅広く活躍中。趣味は料理、ものづくり全般。

インテリアデザイナーという職業に興味を持ったきっかけを教えてください。

子どもの頃からおもちゃを分解することやものづくりが好きでした。あと、自分の部屋を帽子やスニーカーなどの好きなもので埋めていて、「部屋をいじる」みたいなことには自然に興味を持っていたかもしれません。

それと、大きかったのは幼馴染のお父さんがインテリアデザイナーだったことです。子どもの頃、その子の家に遊びに行ったときに家がものすごくカッコよかったのをよく覚えています。

デザイナーへの憧れのようなものは、そこで芽生えたような気もします。

それから、どうやってインテリアデザイナーになろうと決めたのですか?

僕は浜松で育ったのですが、高校在学中にカナダへ短期留学をしたとき、まったく知らない世界があることに刺激を受けて。

卒業後は東京に出てインテリアデザインを勉強しようと決めました。

それで学校探しのために東京に来たとき、大都会の新宿、しかもビルの形も斬新ということから、モード学園でインテリアデザインを学ぶことにしました。

専門学校ではどのようなことを学ばれたのですか?

僕は基礎科というところで1年、その後は専攻別のカリキュラムで2年間学びました。

図面の見方・書き方など、本当にインテリアデザインの基礎の基礎から学びました。もちろん絵の描き方や、設計をするためのパソコンソフトの使い方なども。

卒業前には卒業制作もやりましたし、カリキュラムの一環で、大手の設計事務所で1ヵ月のインターンシップを経験できたことも印象に残っています。