インテリアデザイナーになるための学校(大学、学部、専門学校、講座)

専門学校も、大学もデザイン系。建築科もあり

インテリアデザイナーになるのに資格や学歴は必ずしも必要ありませんが、できるのであればやはり専門の学校で学んだほうがよいのは確かです。

インテリアデザインについて学べる学科はたくさんあります。

それぞれの特徴を見てみましょう。

専門学校

デザイン系の学校の中にインテリアデザイナー科というのがあります。入学時に試験のある学校は少なく、比較的入りやすいのも特徴です。

学校によっては、「空間・ショップデザイン専攻」、「インテリアコーディネート専攻」、「インテリアスタイリスト専攻」などと細かく分かれていて、さらに専門性を深めることができます。

大学

美術大学のデザイン学部には、空間演出デザイン学科や、インテリアデザイン学科などがあります。

入学時にはそこまで細かく分かれておらず、3年時に専攻を選択をする学校もあります。

美術大学に入学するには、学科試験をクリアした後にデッサンや立体構成、平面構成などの実技試験があり、倍率も数倍から数十倍あります。

学科に自信はあるけど、実技試験に自信がない人は建築学科に進むという方法もあります。

また、普通の大学でも環境デザイン学科などを設けている学校もあり、そこからインテリアデザイナーになる人も少なくありません。

大学と専門学校の違い、それぞれのメリットとは?

大学と専門学校、大きな違いは学ぶ年数の差です。専門学校は2年制~長くても3年制のところが多いですが、大学は4年制、院まで進むともっと長くなります。

ほとんどの美術大学では、最初の2年をかけてデザインの基礎的な知識を学びます。

ここで培われるセンスも多く、いざ現場に出たときに応用もききやすくなります。

また、有名教授の講義が多いのも美大のメリットです。自分のセンスにあまり自信がない、時間をかけてじっくりと学びたいという人は美大を選ぶとよいでしょう。

ただし学費もそれなりに高く、私立大学ともなると、専門学校に通うよりもはるかに高い場合もあります。

このような点を踏まえ、「時間をかけてじっくりと基礎知識、専門知識を学びたい」という人は美大、「短時間で実践的な知識をみっちりと学んで早く現場に出たい」という人は専門学校、というようにより自分に適したほうを選ぶのがよいでしょう。

あるに越したことはない学歴

デザイン業界というのは正解がないだけに、実績のほかには、やはり学歴もものをいいます。

「●●美術大学卒業」などという学歴が入ると、それだけでハクがつき、就職活動にも有利に働きます。

だからといって、専門学校卒生にチャンスがないわけではなく良い成績や作品を残していれば就職も難しくありません。

逆に、どこの学校でも専門的に学んでいない人は、就職することも、インテリアデザイナーになることも厳しいかもしれません。

専門性を問われる職業なうえに、学校からの紹介などの後ろ盾もないとなると、何かコネやツテがない限りは難しいといえるでしょう。

キャリアアップスクールの中でも人気の高い講座

インテリアという分野的に、インテリアデザイナーは女性からの人気がとても高い職種です。

そのため、社会に出た後に、仕事をしながらキャリアアップスクールなどに通う人も多くいます。本格的に目指す人もいれば、趣味として自分のセンスを磨きたいという人までさまざまです。

その本気度は人それぞれですが、キャリアアップスクールの中でもとくに人気のある講座のひとつといえます。

ただし、実際に働くときには、大学や専門学校で専門の勉強をしてきた人たちと勝負することになるので、かなりの勉強が必要になることは覚悟しておく必要があります。