インテリアコーディネーターのやりがい

イメージを形にしていく達成感が味わえる

インテリアコーディネーターは、お客さまが生活する住宅の壁紙や照明、家具など、内装のあらゆる面に関して提案を行います。

お客さまは最初、「何となくこういう雰囲気がいい」など、漠然としたイメージしか持っていないことが多いですが、ヒアリングを通してお客さまの希望や理想を少しずつ汲み取り、相手の思いを形にしていくのはとてもワクワクします。

インテリアコーディネートには絶対的な正解というものがないだけに、自分もお客さまも納得いくものができたときには、大きな達成感を味わえます。

お客さまに感謝され、満足してもらえた瞬間

インテリアコーディネーターは、お客さまに感動を与え、満足してもらうことをやりがいに働いています。

自分のコーディネートによってお客さまが喜び、「ありがとう!あなたにお願いしてよかった」という言葉をかけてもらえるのは、インテリアコーディネーターにとって何よりうれしいことです。

お客さまから信頼される存在になれば、「またインテリアの相談をするときは○○さんにお願いしたい」と言っていただけますし、仕事の枠を超えて長くお付き合いしていけることもあります。

力がついたと実感でき、周囲の人たちから信頼される喜び

インテリアコーディネーターは、お客さま以外にも多くの人と接しながら働きます。

たとえば、建築士や住宅メーカーの担当者、現場監督など、たくさんのプロと協力しながら、お客さまが理想とするものを目指していきます。

インテリアコーディネーターとしての実力や人間性が認められれば、取引先からも信頼されるようになり、より良い仕事ができるようになるでしょう。

この仕事は机に向かった勉強だけでなく、現場経験がモノをいうところも大きいです。また、日々さまざまなインテリアや芸術的なものに触れ、センスを磨いていくことも欠かせません。

がんばって仕事を続けているうちに、少しずつ力がついていくのが実感できるはずです。

そして、力がつけばお客さまの期待にもどんどん応えられるようになり、仕事はさらに楽しくなっていきます。