働きながらインテリアコーディネーターになるには

働きながらインテリアコーディネーターになるには、まずインテリアコーディネーターの資格をとるのが一般的な方法です。働きながらの試験勉強は、よりいっそう強い意思が必要となります。

仕事と資格試験勉強の両立

現在、まったくインテリアと関係のない業界で働いている場合は、まずインテリアコーディネーターの資格を取得して、インテリア業界への転職を目指すのが良いでしょう。

資格の勉強は独学でも可能ですが、きちんとスケジュールを立てて勉強を続けるのはとても大変。市販の参考書や通信講座を利用する手もありますが、疲れているとついついダラけてしまいやすいものです。

独学よりも多くの時間とお金は必要になりますが、学校に通うことで強制的に勉強する環境を作るのがベターかもしれません。学校によっては週末や夜間のコースもありますので、検討してみる余地はありそうです。

インテリア業界で働いている場合

すでにインテリア業界で働いているものの、インテリアコーディネーターとは違う職種に就いているという人もいるでしょう。その場合でも、インテリアコーディネーターとして働きたいのであれば、まず資格をとるのが無難と言えます。

ただし、自分が専門的に携わりたい仕事の内容によっては、二級建築士やキッチンスペシャリストなど、インテリアコーディネーター以外の資格を取得するのも選択肢のひとつです。

転職するにしても、資格があることでプラスに判断されることは多いようです。さらに業界の基礎知識や実務経験があれば、それが有利になるでしょう。