インテリアコーディネーターの勤務時間・休日

勤務時間はお客さまの都合中心

インテリアコーディネーターの仕事は、お客さまを直接相手にするものですので、どうしても相手のペースに合わせることが増えてきます。

個人のお客さまの対応だけでなく、設計担当者や施工関係者との打ち合わせも大切な仕事です。夕方から打ち合せが入ることもあれば、自ら施工現場に出向いて進捗を確認するなど、夜遅くまで仕事が続くこともあります。

各企業で定められている勤務時間があっても、その仕事柄、どうしても時間外勤務が多く発生しやすいと言われています。

土日祝は勤務の場合が多い

デパートやインテリアショップに勤める場合、多くのお客さまが訪れて忙しくなる土日祝日は、出勤しなければならないことがほとんどです。また企業に勤務する場合でも、必ずしも土日祝日が休みとは限りません。

休日はシフト制で不定期に組まれるか、会社が定める日のどちらかになる場合がほとんどのようです。

フリーランスの場合

フリーランスのインテリアコーディネーターになれば、ある程度は自分でスケジュール管理をすることができるようになるでしょう。しかし、お客さまの都合に合わせるという仕事のスタンスは変わりません。

最近では、子育て世代の主婦の方がインテリアコーディネーターの資格取得を目指している場合も多いようですが、現場に出るうえでネックになるのは、やはり勤務時間や休日だと言われます。この仕事をする以上、不規則な勤務時間になるのは仕方がないという覚悟が必要のようです。