インテリアコーディネーターの就職先、活躍の場

インテリアコーディネーターは、住宅メーカーやリフォーム専門会社、家具販売店、また設計・デザイン事務所などで、内装の専門家として勤務する人が多いと言われます。

しかし、それ以外にもさまざまな場所で活躍できるのがこの仕事の魅力。おもな仕事内容から、活躍の場をご紹介していきましょう。

住環境をデザインする

住宅関連業界は、インテリアコーディネーターの就職先の中心です。コンサルティングを行いながら、お客さまにとってベストな生活空間をデザインしていきます。メーカーや販売店で働く場合には、基本的には自社の製品の組み合わせを提案します。

<働く場>
・住宅メーカー
・不動産会社
・リフォーム会社
・設計・デザイン事務所
・建築会社
・工務店

家具や住宅設備を扱う

暮らしに欠かせない家具や照明。「どんなものを選べば良いのか?」インテリア用品は選択肢が多いだけに、インテリアコーディネーターの手腕が試されます。
<働く場>
・家具メーカー
・設備建材メーカー
・照明メーカー
・家電メーカー

インテリア商品を展示する

「空間プロデュース」とも言える仕事です。商品をわかりやすく、魅力的に展示することで、お客様の満足度アップと売上拡大を目指します。
<働く場>
・デパート
・インテリアショップ
・家具店
・雑貨店
・ホームセンター
・輸入業者

その他

住宅やインテリア業界のみならず、多種多様な業界でインテリアコーディネーターの専門知識が求められる場合があります。
<働く場>
・マスコミ(出版社、テレビ制作会社)
・画廊、アート関連企業
・テーブルウェア関連企業
・福祉関連企業
・ガーデニング関連企業

いかがでしょう?ざっと挙げただけでも、これだけたくさんの場所が出てきます。

これらのうち、すべての企業や店舗がインテリアコーディネーターを必要とするわけではありませんが、インテリアコーディネーターとして就職できるチャンスは決して少なくないことがわかるはずです。

また、経験と実績を重ね、フリーで活躍するインテリアコーディネーターも数多くいます。