インテリアコーディネーターに関連する資格

インテリアコーディネーターの仕事は、インテリアそのものだけでなく、建築や設計施工などとも密接に関わっています。そのため「インテリアコーディネーター」資格以外にも、この仕事をするうえで役に立つ資格がたくさんあります。

以下の資格すべてを取得するのは大変ですが、自分の目指す方向に合わせてスキルアップのために勉強している人が多いようです。

二級建築士

インテリアコーディネーターが密接に関わる建築物の設計や、施工管理に従事するための資格です。所定の年数以上の実務経験がなければ受けられない資格ですが、大学や高等専門学校などの建築過程を卒業していれば受験可能な場合があります。

建築士の仕事

インテリアプランナー

インテリアの企画・設計や工事管理などを行うための資格です。インテリアコーディネーターよりもインテリアに関する幅広い専門知識を持ち、商業施設や公共施設、オフィス、学校など、多種多様な空間の企画、設計、そして工事管理に携わります。

単純な言い方ですが、インテリアコーディネーターの上級版という風に捉えることもできます。

カラーコーディネーター検定

「色」は人間の心理を作用すると言われ、インテリアを選ぶ際にも重要な判断材料のひとつになります。コーディネート業務をするうえで、「どの色をベースにするのか?」「差し色は何色か?」など、色彩学の知識を活かして考えることができるようになるでしょう。

その他

ほかにも、以下のような資格があります。これらの資格をとった人がおもに行う仕事と合わせてご紹介します。

<キッチンスペシャリスト>
システムキッチンのコーディネート業務。

<マンションリフォームマネージャー資格>
マンションのリフォームを専門的に行う。

<照明コンサルタント>
住宅、事務所、店舗などの照明計画、相談業務など。

<商業施設士>
デパートやショッピングセンターなど商業施設の空間コーディネート、設計、工事管理など。