フリーランスのインテリアコーディネーター

フリーランスのインテリアコーディネーターとは

インテリアコーディネーターは、住宅メーカーやリフォーム会社、建築・デザイン事務所、インテリアショップなどを中心に、住宅に関わるさまざまな企業や組織で働いています。

このような活躍の場で正社員や契約社員、アルバイトとして働く人がいる一方で、特定の組織には所属しない「フリーランス」の形で活躍を続ける人もいます。

インテリアコーディネーターは、インテリアに関する幅広い知識、そして建築やリフォームなどの専門性も必要とされる仕事です。

業界未経験者や、経験の浅い人がいきなりフリーランスとしてやっていくのは難しいですが、前述したような企業で経験を積んでスキルアップすれば、独立も見込めます。

フリーランスで働くメリット

フリーランスになると、仕事は自分の手で獲得していかなければなりません。

そのためにはインテリアの知識を持っていることに加え、営業力や人脈を築く力も必要ですし、お金の管理まで自分でやっていくことになります。

大変なことも多くありますが、自分次第で仕事量やスケジュールが調整しやすいのは、フリーランスのメリットです。

たとえば将来、結婚や出産をして育児をしながら働き続けたいという人にとっても、キャリアの可能性が広がるといえるでしょう。

また、努力次第では収入を大幅にアップさせることもできますし、さまざまなクライアントとお付き合いをし、多様な仕事に挑戦できることもフリーランスの魅力です。

会社の一員としてではなく、自分の名前で仕事の依頼を請けられるのは、大きなやりがいにもつながります。

こういったことから、企業で働くインテリアコーディネーターの中にも、将来の独立を夢見ている人は少なくないようです。

フリーランスで働くデメリット

もちろん、フリーランスのインテリアコーディネーターとしてやっていく上では、大変な点もあります。

一番苦労するのは、やはり仕事量や収入が不安定になりやすいということでしょう。

企業の正社員であれば月給制で働くことが多いので、ある程度は安定した生活を送ることができます。

しかし、フリーランスの場合は働いた分だけしかお金が入ってこないので、年度によって年収に大きな差が出るということも珍しくありません。

結婚して妻子を養いたいと考えている人や、住宅や車などローンが必要な買い物を考えている人は、どれくらい仕事や収入が見込めるのかをしっかり考えておくことが必要です。

このように、フリーランスのインテリアコーディネーターは「自分の好きな仕事をして自由に働くことができる」というメリットがある一方で、「生活が不安定になる」というデメリットもあるので、独立の際には自分の意志だけではなく家族の理解があるかどうかも重要なポイントになるでしょう。

今後の展望

フリーランスとして働くインテリアコーディネーターは、まだそこまで数が多いわけではありません。

しかし、フリーランスのインテリアコーディネーターが自主的に運営し、お互いの交流や研修会などを通じて、その地位向上を図ることを目的にした「日本フリーランスインテリアコーディネーター協会(JAFICA)」という組織が立ち上がっているなど、業界内で努力を続けてキャリアを築いている人もいます。

働き方の多様化が進む現代社会。この先、フリーでの活躍を目指すインテリアコーディネーターが、さらに増えていくかもしれません。