インテリアコーディネーターは激務?

土日祝日は仕事になる職場も多い

インテリアコーディネーターは、基本的に「忙しい」といわれる仕事です。その理由はいくつかあるのですが、まず「土日祝日に休めない職場が多い」ということが挙げられます。

インテリアコーディネーターの活躍の場はさまざまありますが、たとえば住宅メーカーの場合、一般的に火曜日や水曜日が休みで、週末は稼働する会社が多いです。

また、インテリアショップやショールームなど、一般のお客さまを相手にする職場においては土日祝日はとくに忙しくなりますから、「平日休みが基本のシフト制」で勤務するところも少なくありません。

もちろん、中には一般的な会社員として企業に勤める場合のように、平日に働いて土日は完全に休みといった職場もあります。

しかし、インテリアコーディネーターはお客さまと直接商談する機会が多いため、お客さまの都合に合わせて土日に出勤しなくてはならないこともよくあります。

残業も多くなりがち

また、インテリアコーディネーターは残業も比較的多い仕事です。

お客さまとの打ち合わせは夕方以降に入ることが多いですし、打ち合わせに使用する提案書や見積作成、また職場によってはCADを使った設計書類作成まで、自分でやらなくてはならないこともあります。

まだ経験が浅いうちは、一つひとつの仕事に手間取って、毎日終電近くまで残業するという人もいます。

どうしても残業が多くなるのが嫌だということであれば、正社員ではなく、契約社員やアルバイト・パートの求人を探したほうがよいでしょう。

これらの働き方であれば、基本的に決められた時間内だけ勤務することができます。

また、インテリアコーディネーターは力が身に付けば独立することも可能ですが、フリーになったから時間に余裕ができるというわけではありません。

お客さまや業界関係者との信頼を築き、実力が認められた人のところには仕事がたくさん舞い込んでくるため、会社員時代より忙しく働いているという人もいるようです。