副業のインテリアコーディネーター

建築家やインテリアデザイナーの副業として

インテリアコーディネーター以外の仕事をしている人の中に、ときどき副業としてインテリアの仕事を引き受けている人もいます。

たとえば、住宅の専門家である建築家です。

建築家は建物の建築や設計の仕事をメインにしていますが、案件によっては内装や家具などのインテリアまで自分の手で行うことがあるので、インテリアコーディネーターとしての仕事もできる人が決して少なくありません。

建築の設計の仕事の合間にインテリアの仕事を受けるという人もいますし、結婚や育児や介護などで建築家としての仕事をセーブしている女性が細々とインテリアの仕事を受けていることもあります。

クライアントと連絡をとるためのツールや、製図をするための道具やソフトが揃っていれば在宅でも働けるので、空いた時間に副業として働きやすいというのもあるのでしょう。

建築家以外にも、インテリアデザイナーとして働いている人が副業としてコーディネートの仕事を引き受けることがあります。

未経験者が副業するには

最近ではインテリア業界に興味を持つ人が多く、インテリアコーディネーターの仕事も非常に人気が高まっています。

普段は別の仕事をしながら趣味と実益を兼ねてインテリアのコーディネートのの仕事を副業としてできないだろうか、と考える人もいるかもしれません。

しかし、実際にはこの業界で働いていない人が副業として働くのは非常にハードルが高いようです。

センスやアイディアがあれば誰でもできるというわけではなく、製図をして正確な設計図やプレゼンテーションのための資料を作成するスキルがなければ、プロフェッショナルとして働くことはできません。

この職業に対する興味や憧れからインテリアコーディネーターの資格試験をめざす人もいるかもしれませんが、副業として働くためには相応の実力と覚悟が必要だということを理解しておいたほうがよいでしょう。