男性のインテリアコーディネーター

男性でもなれる職業?

皆さんは、インテリアコーディネーターに対して「女性の仕事」というイメージを抱いているのではないでしょうか?

たしかに、この仕事は女性の活躍が目立っており、インテリアコーディネーター資格の合格者内訳を見ると、毎年だいたい7〜8割程度が女性となっています。

とはいえ、男性も2〜3割程度はいるということですから、決して少ないというわけではないでしょう。

最近はインテリアに強い興味を持つ男性が増えており、自分の部屋を「アジアン風」や「北欧風」の部屋にしたり、「インテリアショップ巡りが趣味」と話す男性の姿も、当たり前のように見られるようになっています。

これからは、男性のインテリアコーディネーターもさらに増えていくでしょう。

また、活躍の場も住宅メーカーやリフォーム会社、設計・デザイン事務所などから、販売を中心に行うインテリアショップやホームセンター、あるいは家具メーカーや照明メーカーなどまで多岐に渡りますから、自分に適した場所で男性も女性も活躍していける仕事だといえます。

お客さまのニーズに応えることが何よりも大事

インテリアコーディネーターにとって大切なのは、ヒアリングを通してお客さまのライフスタイルや好み、センスをしっかりと聞き出し、プロの目線で相手のニーズに合わせた提案を行うことです。

そのためには、インテリアの幅広い知識を持っていることはもちろん、何よりもお客さまとしっかりコミュニケーションをとったり、聞いたことを自分の中でしっかりと噛み砕いて、言葉や形として表現していける力が求められます。

ここに「女性だから」「男性だから」ということでの差はありません。

お客さまによっては、男性目線の斬新な意見やアドバイスを喜ぶ人もいます。

何より「この仕事を本気でやりたい!」という熱意と、ひたむきに努力を続ける気持ちさえあれば、どんな人でもインテリアコーディネーターを目指すことが可能です。