インテリアコーディネーターにCADは必要?

機械で製図をする「CAD」

インテリアコーディネーターをめざす人には、建築やインテリアに関する知識やデザインセンスが必要不可欠ですが、それ以外にも製図のスキルが必須となります。

製図というのはコンパスや定規を使って線を引くことで、建築家やインテリアコーディネーターが設計図を描く際にこのスキルを活用することになります。

昔は手書きでコツコツ行っていた作業だったのですが、デジタル化が進むとともに「CAD」という機械による製図を用いて作業をすることが一般的になりました。

建築に携わる人間にとっては、非常に重要なスキルといえるでしょう。

仕事に役立つ「CAD」のスキル

大学の建築学科や専門学校で勉強しているインテリアコーディネーターの場合は、在学中から「CAD」のトレーニングをすることも多いので、社会に出てから困るということはあまりないでしょう。

通信講座や独学で勉強している人の場合は、自分でソフトを用意してテキストやガイドを読みながら勉強しておくことをおすすめします。

インテリアコーディネーターの就職試験の際には「CADが使えること」が必須ではない場合もあるのですが、この業界で仕事を続けていく以上は、あれば役に立つスキルであることは間違いありません。

「CAD」の資格を取るために

それでは、「CAD」のスキル習得を証明するためには、どのような資格を取得すればよいのでしょうか。

まず、有名なものとしては一般社団法人であるコンピュータ教育振興協会が実施している「CAD利用技術者試験」があります。

CADの資格試験は他にもさまざまな団体が実施しており、「建築CAD検定試験」「建築CADデザイナー資格認定試験」など内容によって細かく分かれています。

資格を取得していると即戦力として歓迎されやすいので、就職をめざすのであれば早い段階から試験に向けて準備をすることが大切です。