飲食店社員のやりがい、魅力

客の反応が活力に

飲食店社員のやりがいはなんといっても客の反応を直に感じられることでしょう。

とくに感謝の言葉や「おいしかった」等の言葉は全ての飲食店社員の心の支えになっています。もちろん、クレームなどの喜ばしくない反応を目の当たりにすることもないわけではありません。

それでも客を喜ばせることを追求していくことに魅力を感じ、激務を乗り越えているのです。

実力をつければ上を目指せる

飲食業界は経験を積めば積むほど、責任ある仕事を任されていきます。それは社員に限らずアルバイトにもいえることです。

実際、飲食店の社員はアルバイト出身という人が多いという特徴があります。

店長からエリアマネージャー、そして本社勤務と常に目標を持ちながら働けることは一人ひとりのやりがいにつながっているといえます。

人を育てる喜び

飲食店の社員はアルバイトを始めとする従業員を教育していく立場にあります。そのため人を育てる喜びをやりがいにしている人も少なくありません。

就職活動の際に「人を育てたい」ということを志望理由にする人も多いようです。

人を動かせる喜び

リーダーシップを発揮して従業員を統率し、店舗を動かす立場にあることも飲食店社員の大きな魅力です。

多くの従業員を自分の力で動かすことは容易ではありませんが大きな誇りを持てる仕事であるといえるでしょう。

努力次第で独立も

飲食店の社員は店舗に関すること全てを熟知する必要があります。接客に始まり調理や店舗の運営は社員として経験を積んでいくことで自ずと身についていくものです。

また売り上げ向上のための戦略などを本社から指導されるため、そういったノウハウも学べます。こうした社員としての経験を生かし、自身の店を持つことを目標にしている人もいます。

成功するかどうかは努力次第として、新規参入しやすい業界であるため、独立のためのスキルを身に付けられることは大きな魅力であるといえます。