飲食店の仕事、業務内容

店長候補として現場に配属

飲食店に社員として就職すると、まずは店長候補として店舗に配属されるのが一般的です。

配属先では経験を積むためにアルバイトと同じく接客業に従事することになります。

そうして現場の動きを熟知し、すべての業務を滞りなくできるようになった後、店長となり、現場の責任者を任されます。

またアルバイトとして実績を積み、店長として正社員登用される場合も珍しくないのが業界の特徴ともいえます。

現場の総責任者

店長になるとシフトの調整やアルバイトの教育、食材等の発注といった店舗マネジメント業務を任されます。

現場でトラブルが起きた際は責任者としてその処理を行います。

また大手チェーン店などの場合は店舗間で異動があることも多いようです。

店長を指導する立場

大手チェーン店の場合、同一エリア内の数店舗に一人、エリアマネージャーが配置されています。

エリアマネージャーは直接、店舗の営業をするわけではありません。担当する店舗を定期的に巡回し、本社の運営方針を伝達する役割を担います。

その他、各店舗の状況を把握し、売上向上のために商品構成や店内のレイアウト、在庫管理等を指導します。また、店長の教育を行うのも重要な業務です。

それと同時に、逆に各店舗の状況を本社にフィードバックする役割も担っています。このように店舗運営全般における支援と指導を行い、本社と店舗との橋渡し役を担います。

店長を指導する立場であるエリアマネージャーには現場経験が必須です。そのため、店長を経て、様々な経験を積んだ後に抜擢されることがほとんどであるといえるでしょう。

少数精鋭の本社勤務

エリアマネージャーとして経験を積み、実績を上げると、本社に配属されるチャンスが得られます。

会社としての戦略を練ったり、商品やオペレーションを開発したり、各種企画を立案したりと経営の根幹を成す本社勤務。

ただし飲食業界の中心はあくまでも客と直接に接する現場であるため、本社で勤務している社員は全体のほんの一握りであるというのが正直なところです。