飲食店への転職、中途採用

転職しやすい業界

飲食店への転職を専門にした求人サイトもあるほど中途採用の門戸が広いのが業界の特徴です。

学歴や資格も不要、未経験者優遇と明記されている求人が多いので特別な準備をせずに転職活動を始めることが可能です。

同業種内での転職多数

ある飲食店で経験を積んだ人がスキルアップのために他の飲食店に転職するというのもよくある話です。

経験者は即戦力として優遇されるので、このケースも転職活動がしやすいといえます。

ただし前職で食品衛生責任者や防火管理者といった必須資格は取得してから新しい職場を探すようにするのが得策です。

前職での経験を活かす意味でも最低限の資格取得、スキル習得をしておくとよいでしょう。

年齢は若い方がよいことも

飲食店の求人を見ると年齢不問としている会社も多い中、35~40歳を上限としている会社が目立ちます。

体力的にもハードな職種であるため、年齢が高いと難しい部分があるのが正直なところです。

転職を決意するならなるべく若い方がいいかもしれません。ただし業界での経験が長くベテランの場合はこの限りではありません。

初心に還って修行を

他業種からの転職の場合、どんなに前職でキャリアがあったとしても飲食店ではまったく生かせないということも覚悟しておきましょう。

また業界での経験がすべてです。年齢によっては自分よりかなり若い先輩から指導を受けることになるでしょう。

それでもゼロから学ぶ気持ちで仕事に向き合えるかどうかをよく考慮した上で転職活動を行うようにしましょう。

給与の大幅ダウンも覚悟しておこう

飲食業界は正社員といえども給与水準が低い傾向にあります。転職することで収入が大きく減る可能性が高いといえます。

とくに家庭のある人の場合は家族と相談の上、了承を得てから転職計画を立てるべきであるといえます。