飲食店の種類

規模の大きさは様々

一口に飲食店といってもその規模はさまざまです。全国的に店舗展開している大手チェーン店は企業力があるため、倒産の恐れもほとんどなく安定した収入が望めます。

昇給や役職、賞与等の職務規定、福利厚生もしっかりしており安心して働くことができるでしょう。その一方でクリエイティブな要素が少なくモチベーションの維持に苦労するかもしれません。

ある地域に限定した店舗展開、数店舗のみの展開の中小規模の会社の場合、自身の個性を生かしやすいというメリットがある一方で経営状況が安定しないという部分も否めません。

また職務規定もあいまいで福利厚生がしっかりしていないことも珍しくないようです。

営業時間やピークタイムもそれぞれ

飲食店の中には24時間営業しているところもあればランチがメインのところ、モーニングも実施しているところ、ディナー後はバーになるところもあります。

営業時間やターゲットにしている時間帯もそれぞれであり、それに伴って勤務時間も異なります。営業時間や狙う客層は立地に影響します。

たとえばオフィス街であればランチ重視、駅チカであればモーニング実施、歓楽街では24時間営業といったように街の特色に沿ったマーケティングを行って売り上げの向上を目指すというわけです。

なんといっても扱うメニューが違う

飲食店の種類を扱うメニューで分類するとかなりの数に上るであろうと思われます。

ファストフード、ファミリーレストラン、各種専門料理店、居酒屋、喫茶店など客層も予算もまったく異なりますがすべて飲食店であるということができます。

中には昼間は喫茶店、夜は居酒屋といった営業形態をとるところもあるなどまさに多種多様です。大手チェーンの場合は数種類の飲食店を経営していることもあります。