飲食店の志望動機・面接

接客業に向いているかどうか

飲食店社員の主要業務は接客です。まずこれに適性があるかどうかを面接では見られると考えておきましょう。

礼儀正しさや朗らかさ、笑顔、身だしなみ、清潔感に至るまで客の前に出るのにふさわしいかどうかを人事担当は見ています。

とにかく面接は元気よく

飲食業界は未経験者に寛容です。その分をやる気や情熱等で補ってほしいという思いがどの会社にもあります。

面接でそういった面をアピールするためにもとにかく明るく元気な人物であるという印象を面接において与えられるように心がけましょう。

アルバイト経験は大きな武器に

アルバイトから正社員登用されるケースが多いのがこの業界の特徴です。つまりアルバイト経験をある意味で実績としてみなしてくれるということです。

したがって学生時代に接客のアルバイト経験がある人は十分に面接で語れるように準備しておくべきでしょう。

また転職活動者で前職が接客業だった人は資格の有無も併せて書類等に明記しておくと、アピールポイントとなります。

人を育てた経験の有無

飲食店社員は従業員を教育することも大切な業務になってきます。

したがってたとえば部活動で後輩の指導に尽力したこと、アルバイトの際、リーダーとして従業員を指導する立場にあったこと、教育実習の経験があり教員免許を取得していることなど何らかの形で人を教育する立場にあった人は大きなアピールポイントになります。

志望先の客としての視点

志望している飲食店がどんなお店でどんな料理を提供しているかは、最低限知っておくべきです。

そのためにも面接前に必ずお店に食べにいくようにしましょう。

その際、客としてその飲食店にどのような魅力を感じたのか、またより店を発展させるにはどうしたらよいか、そのために自分はどのような貢献ができるのかといったことを実感のこもった言葉で面接時に伝えられるように準備しておくことが必要です。