飲食店社員に必要な資格、スキル

入職時は資格不要

飲食業界は未経験者に寛容です。求人を見てもそのように明記されているところがほとんどであり、それに伴いとくに必要な資格もありません。

就職後に経験を積み、スキルを高めていける業界ですし、必要があれば会社の補助をうけて、資格取得に挑戦できることもあります。

有資格者は優遇

資格不要とはいえ、調理師を始め、ソムリエやパティシエ、バリスタといった、その店に合った資格やスキルを持っていると即戦力として優遇されます。

時間や金銭に余裕のある人は関連資格の取得にチャレンジしておくのがおすすめです。

とくに同業種内で転職する場合、前職での実績をアピールするためにも資格を取得してから活動を始めると良いでしょう。

調理師の仕事
ソムリエの仕事
パティシエの仕事
バリスタの仕事

店舗に必ず必要な有資格者とは

飲食店には必ず「食品衛生責任者」の資格を有する人を置かなければなりません。この資格は飲食店の社員であれば遅かれ早かれ取得することになるでしょう。

転職や独立の際にも必須の資格であるため、入職後一番に取得を目指したい資格です。

また収容人数30人以上の店舗の場合は「防火管理者」の資格を持っている人を置く必要があります。併せて取得しておくことをおすすめします。

接客スキルは必須

飲食店社員はまず店長候補として実際の店舗に配属されることになり、即接客に携わることになります。

もちろん就職後に経験を積むことは可能ですが、できれば学生時代にアルバイト等で接客スキルを高めておくことをおすすめします。

語学力があるとなおよい

飲食店に勤めていると外国人に遭遇する率が意外と高いことに気付くでしょう。ここであると重宝するスキルが語学力です。どの業界で働くにしても学生時代に高めておいて損はありません。

飲食業の場合、海外で事業展開しているところも多いので活躍の場を広げることにもつながります。