飲食店社員として働くには(大学・学歴・学部)

学歴不問、資格不要

特別な学歴や資格は不要です。

若いうちに就職すれば早くにベテランとなり、他職種の同年代に比べて責任ある仕事を任せてもらえるでしょう。ただし、出世は店長どまりということもあります。

そういった意味で学歴はあるに越したことはありません。大卒で就職した場合、それほど時間をかけずに店長となり、より上の役職へのステップアップも目指せます。

調理師免許があるとよい

調理の専門学校等を卒業し、調理師免許を持っている場合、その資格を生かして即戦力として現場で活躍することが可能です。もちろん、責任ある立場につくのもそう時間はかからないといえます。

新規オープンの店舗や売り上げに伸び悩む店舗といった力のあるスタッフが必要とされる店舗に配置されたりなど、やりがいのある仕事を多く任されることもあるでしょう。

調理師の仕事

アルバイトから正社員登用

この業界の特徴として挙げられるのはアルバイトから正社員に登用される人が多いということです。

学生時代にアルバイト店員として勤務していた人が、その仕事ぶりを買われ、正社員にスカウトされそのまま就職するというケースも珍しくありません。

飲食店の社員を目指す人はまずアルバイトから初めて実績を積むというのも一つの方法でしょう。

未経験者歓迎、経験者優遇

冒頭でも述べたように学歴や資格は不要、明るさとやる気があれば未経験でも大丈夫という門戸の広い業界です。

もちろん、接客や調理、店長やマネジメントといった経験のある人は優遇されます。

したがって転職者にも優しい業界であるといえます。自身のやる気を始め、経験や知識など、あらゆるスキルを生かして目指すことが可能な職種です。