飲食店の勤務・労働時間・休日・残業

開店から閉店までは当たり前

役職が店舗の責任者である店長の場合、営業時間にもよっては開店前に出勤し閉店後に退勤するということも珍しくありません。

現場はアルバイトに任せて事務作業に徹することができるのが理想ですが慢性的に人手不足が深刻な業界なのでなかなかそうもいきません。

もちろん間に休憩が入り、既定の労働時間は超えませんが拘束時間がかなり長くなることが飲食店の社員が激務といわれる理由の一つです。

不規則な生活になりがち

とくに24時間営業の店舗では早朝勤務や深夜勤務なども入ってくるため、生活リズムが崩れがちです。これも前項で述べたように人手不足が原因になっています。

土日祝日はほとんど出勤

一般的な休日は飲食業界では稼ぎ時です。本社勤務を除き、現場で働く社員は休日出勤が当たり前です。

定休は平日になることを覚悟しておきましょう。繁忙期には連勤となり、休みがとりにくいこともあるようです。

改善されつつある労働条件

飲食業界はかつてサービス残業が当たり前とされ、問題となっていました。

とくに店長は「管理監督者」にあたるため、残業代を支払う必要がないとされてきましたが近年ではその定義は誤っているとされ、労働条件も改善されつつあります。

多くの会社でアルバイト同様にシフト制をとり、既定の労働時間を超えることのないようにしています。ただし、実態はこの限りではないというのが正直なところです。

自身の勤務実績は記録しておこう

店長やエリアマネージャーともなると責任のある立場であるがゆえに店や従業員のためについ無理をしがちです。サービス残業や休日出勤をすることが普通であると感覚が麻痺してしまう人もいるようです。

自身の労働時間はきちんと控えておき、適正な報酬を受けられるように働きかけられるとよいでしょう。