印刷会社社員のやりがい、魅力

ものづくりに携わることができる

印刷会社社員としての一番のやりがいといえば、やはり「ものづくり」にどっぷりと浸かることができる点にあるといえるでしょう。

印刷会社では分業制で仕事をしていきますが、何もなかったものを形にしていく喜びを味わうことができるのは、この仕事の魅力だといえるでしょう。

扱う印刷物によっては自分が手掛けたものを街で目にすることもでき、その瞬間には社会とのつながりを実感でき、何ともいえない感動が押し寄せます。

自分の仕事が、最終的には目に見えるものとして残る。その喜びは想像以上に大きなものとなるでしょう。

クリエイティビティも発揮できる

印刷会社の仕事にもさまざまありますが、「ただ顧客からの指示通りに印刷する」ばかりではなく、「プロとしての意見やアイデアを反映して印刷物を制作する」面も多々あります。

とくに営業や企画といった職種であれば、実際に顧客と打ち合わせをしながら、より理想の表現方法を検討していったり、頭を悩ませつつアイデアを形にしていったりする醍醐味が味わえます。

また、デザイナーであれば作られた企画案をもとにしながらも、デザインの専門家としてより良い見せ方を追求していくことができます。

こうした業務過程では、個人個人のセンスや感性も存分に必要とされますから、クリエイティビティを発揮して働きたいという人にとってはやりがいを感じることができるでしょう。

「作り手」目線で、ものを見られるようになる

印刷会社で働いていると、自然と印刷に関してのさまざまな知識が身につくものです。

紙やインク、版型といわれる本のサイズをはじめ、書店に並ぶ書籍をふと眺めても、一般消費者であった時にはまったく考えもしなかったことを考えるようになります。

それは、まさに「受け手」から「作り手」としての自分になったことを実感できる瞬間でもあります。

身の回りの印刷物に触れながら、「自分だったらこうする」「このデザインは仕事に生かせそうだ」などアンテナを張り巡らせることで、もっと前向きに仕事に取り組めるようになっていくでしょう。

仕事体験談