印刷会社の仕事、業務内容

印刷物の企画から納品までを行う

印刷会社とは、顧客から依頼を受けて、あらゆる印刷物の企画や制作を専門的に行い、印刷して顧客へ納品する会社のことをいいます。

「印刷物」といってもその種類はさまざまです。

書籍や雑誌はもちろんのこと、企業で使う会社案内のパンフレットや社内報、名刺、挨拶状、封筒、販促用のチラシやDM、ポスター、カレンダー、あるいはカタログやマニュアル、商品のパッケージ、さらには金属・ガラス・プラスチックなどにプリントする「特殊印刷」といわれるものまで、ありとあらゆる印刷物の製造を手掛けるのが印刷会社です。

ただし、すべての印刷会社があらゆる印刷物を扱っているとは限りません。

印刷会社には、大手企業のみならず中小零細企業も多く存在しており、前者はBtoBのビジネスによる商業印刷物をおもに扱いますが、後者では一般消費者が安価に注文できる、いわゆるネットプリントを主としてビジネスを手掛けている企業もたくさんあります。

会社によっては「チラシ・名刺専門」といった形で営業しているところもあります。

印刷会社の仕事の流れ

印刷会社の仕事は、大きく以下のような流れで動きます。

営業~企画

「こういう印刷物を作りたい」という顧客のニーズを拾い上げ、その内容を的確に表現できる印刷物の企画を行います。

デザイン・校正・製版

企画した案をもとに、デザイナーやライターなどがデザインやキャッチコピーを作り、具体的な形に仕上げていきます。

パソコンを使ってレイアウトされた内容を、そこから印刷していくために必要な「版」にします。近年では、この作業まですべてパソコンを使って行われることが多くなっています。

印刷

指定された紙とインクを用い、印刷工場の機械を使って印刷していきます。

製本・加工

印刷された一枚の紙から、断裁や丁合いといった製本加工を施して、実際に商品として納品できる形へと仕上げていきます。

そのタイミングで印刷ミスがないか検査することも欠かせません。

仕事体験談