印刷会社の現状と将来性

2トップ企業が業界をけん引

印刷業界は、古くから「凸版印刷」と「大日本印刷」という最大手の2社がシェアの3分の2以上を占めているといわれ、その下に中小零細の印刷会社がずらりと並ぶという様相を呈しています。

私たちの身に周りにはあらゆる印刷物があふれており、それを支える産業として印刷業界は長く栄えてきましたが、昨今はITの進歩などの理由によって業界そのものがどんどん縮小傾向にあります。

すでに中小の印刷会社は倒産に追い込まれているところも多く、とくにその地域に深く根付いている地方の印刷会社は、経営状態が相当厳しくなっているケースがしばしば見受けられるようです。

今後もこうした流れは続くものと予測されており、この先、印刷会社がかつてのようなビジネスモデルだけで大きな盛り上がりを見せるということは、残念ながら難しいと考えられます。

印刷会社の新たなチャレンジ

印刷業界全体が厳しい状態に追い込まれているなか、とくに大手企業では、従来の「印刷」だけにとどまらない新しいビジネスに手を伸ばすことで、さらなる成長を目指しています。

たとえば、デジタル化が進む時代において、半導体や液晶カラーフィルタ、太陽光電池部材といったものを扱う流れが年々加速しています。

さらに、電子書籍やオンデマンド出版といった、ITと出版をうまく融合させた取り組みによって、新しいビジネスの可能性を模索する動きが大きくなっています。

小規模な印刷会社においても、決まり切った方法で既存顧客とのやりとりを行うだけでなく、自社で斬新な商品やサービスを生み出し続けることにより、他社にはない強みを見つけ出し、それによって事業を拡大させようとする企業も出てきています。

各社が置かれている状況は厳しいですが、印刷以外の領域で売上を伸ばしていくこと、あるいは自社の優位性をうまく見出すことができた企業は、今後も生き残って成長していくものと考えられます。

仕事体験談