印刷会社の種類

印刷会社の種類について考えるときにはいくつかの分け方が考えられますが、ここでは印刷の目的によって印刷会社を分類してみます。

印刷会社によって、ある一つの領域だけを専門としているところもあれば、いくつかの領域にまたがって事業を手掛けているところもあります。

出版印刷

出版社や新聞社などが発行する商業出版物、いわゆる一般的な「読み物」として使用されるものを手掛ける印刷分野です。

おもな印刷物としては「不定期出版物」と「定期出版物」があり、前者は文章が中心となる単行本・辞書・新書・文庫本などが、後者には記事や写真などが中心となる週刊誌や月刊誌などがあります。

文章中心となるものはモノクロ中心印刷ですが、写真やイラストが入るものはカラーとなります。

商業印刷

一般企業や団体の事業活動に使われる印刷物を対象とする印刷分野です。

商業印刷は、大きく「宣伝用印刷」と「業務用印刷」に分けることができ、一般的に前者はチラシ、パンフレット、リーフレット、ポスター、POPなど、後者はカタログ、会社案内、マニュアル、報告書、説明書、広報誌、社内報、名簿といったものを示します。

1枚刷りのものも多く、複数ページの印刷物も少ページであることが特徴です。

事務用印刷

名刺、封筒、ノート、手帳といった事務用品、あるいは伝票やビジネスフォームを対象とする印刷分野です。

市販品は事務用品メーカーが印刷することがほとんどですが、特注品の印刷加工は一般印刷会社で対応することが多くなっています。

証券印刷

商品券やチケット・カード類など、金銭や信用に係わる証書類やカード類の印刷のことを証券印刷といいます。

偽造防止などに関する特殊な技術やノウハウが伴う印刷分野となっています。

包装その他特殊印刷

包装紙、紙器、ダンボール箱といった包装・荷造り資材の印刷と、建材や布地へのプリント柄の印刷、電気・電子部品といった工業製品に対する印刷分野です。

仕事体験談