印刷会社に特有の職種

印刷会社では、さまざまな職種の人たちが働いていますが、一般的にはあまり馴染みがない仕事も多いかもしれません。

ここでは、そんな印刷会社の代表的な職種について紹介していきます。

営業

印刷会社の営業の中心は、得意先に対して訪問するルートセールスとなります。

新規顧客を開拓することもありますが、中小の印刷会社は地域に根付いている企業が多く、顧客と長年の付き合いをしているケースがよく見られます。

印刷会社では、営業といってもただ商品やサービスを売り込むだけでなく、制作スケジュールの確認や打ち合わせ、校正などで何度も顧客の元へ足を運び、進行管理などまで担当することがよくあります。

「売ってからが重要」であることが、印刷会社の営業の仕事の特徴です。

企画

営業がヒアリングしてきた顧客の要望をもとに、印刷物の内容を考えていく仕事です。

コンセプトやページ割、コピーライティングなど、ゼロからイチを生み出すための大元となる部分を検討していきます。

また、自社で新しいサービスや商品の企画を開発することもあります。

デザイン・DTP・製版

企画部門が作った企画書やラフスケッチをもとに、デザインをしていきます。

印刷会社でのデザインは、基本的に「DTP」といわれるやり方で、パソコンとデザイン専用のソフトを使った作業が中心となります。

顧客の要望を実際に形として作り上げていく、重要な役目を担います。

デザインデータが完成すると、印刷するために必要な「版」を作ります。最近ではパソコンから直接アルミ版を出力するCTPというやり方が主流となっています。

DTPオペレーターの仕事

印刷

作成した版と、デザインの仕上がり見本をもとに、実際に工場で印刷をしていきます。

インクや紙を使った作業となり、現代では機械化されている部分も多くなっていますが、職人的な要素も必要とされます。

印刷したものは断裁、加工、製本、検査というステップを踏み、完成品を顧客の元へ納品します。

仕事体験談