飲料メーカー社員への転職、中途採用

飲料メーカーへの転職は難しい?

飲料業界は他の業界と比較すると、離職率は低めといわれることが多いようです。

その背景には、飲料メーカーではシェアのほとんどを大手メーカー数社で占めており、必然的に大企業で働く人が多いということが考えられます。

大手は給与面や福利厚生面に恵まれている場合が多く、とくに飲料メーカーの最大手クラスの企業になると、平均年収が1000万円程度に達するところもあります。

また、組織の形がきちんと確立しており、働きやすい環境があることなどから、一度勤めると長く働き続けるといった人が多いようです。

こうした大手企業では、「人材」については新卒採用を中心に行い、自社で時間をかけて教育していく傾向にあり、人の入れ替わりが激しい業界に比べると、中途採用の求人はあまり多くないと感じるかもしれません。

中途採用の求人の見つけ方

ただし、飲料メーカーにおいて、中途採用がまったく行われていないわけではありません。

たいていの企業では、即戦力として活躍できるだけのスキルやキャリアを持っている人、あるいはすでに社会人経験があってビジネスマナーなどが身についている人は歓迎されます。

なかでも営業職は需要が大きく、まったく異業種の営業を経て飲料業界に飛び込む人もそれなりにいるようです。

応募に際して、どの程度の経験やスキルが求められるかは、企業によってだいぶ異なります。

いずれにしても、中途採用の求人は人員不足になった際や、事業を拡大する際に不定期で募集するというケースが多いため、こまめに情報をチェックする必要があるでしょう。

転職の情報は、各社の採用ホームページや求人サイトのほか、転職エージェントを利用する方法も考えられます。

なお、飲料メーカーは先に挙げた通り給与や待遇がよい企業が多いため、転職先としての人気も高いようです。転職活動は楽でないことを覚悟しておいたほうがよいでしょう。