飲料メーカー社員のつらいこと、大変なこと、苦労

自社商品を世の中へ届けていく苦労

一つの飲料品を作り上げて世の中へ届けるという一連の作業は、言葉で書くと簡単なように聞こえるかもしれませんが、ものすごく骨の折れる作業です。

そこには多くの人が関わってきますし、長い時間をかけてようやく企画が形になるといったこともざらにあります。

また、いざ素晴らしい商品が完成しても、ライバル社との間での厳しい戦いを勝ち抜かなくてはなりません。

たとえば営業職であれば、小売店での陳列棚のスペースを確保するため、日々競合と競争しなくてはなりません。すでに取引をしている店舗であっても、ライバルは隙を狙って入り込もうとしてくるため、継続的な信用の積み重ねが不可欠です。

こうした数々の努力を続けて、ようやく消費者は商品を目にすることができるのです。

安全性が強く問われる仕事

飲料は、食品と同様に人間の身体に入るものであるため、何よりも「安全性」が強く問われます。

万が一、自社の飲料によって人の健康を害するようなトラブルが発生した場合には、大きな社会問題になることは間違いありません。自社の存続にも関わってくるほど重大な問題です。

飲料メーカー社員は、それくらい重みのある仕事をしており、人の命を左右するものを扱わっているという自覚を抱き、責任感をもって業務に向き合う必要があります。

全国各地への転勤や海外赴任の可能性も

飲料業界のシェアは大手各社がそのほとんどを占めており、大手では全国各地に事業所や研究所があることから、職種や会社の状況によって転勤を命じられることがあります。

また、近年はグローバルビジネスに力を入れている大手飲料メーカーもあることから、海外で仕事をすることになる可能性も考えられます。

こうした機会を前向きに捉えることができればよいのですが、新しい職場と環境で一から仕事をしていくことは、やはりそれなりに大変なものです。