飲料メーカー社員の給料・年収

平均年収

飲料メーカーの平均年収は、650万円~750万円程度といわれています。

大手企業が多いため、他の業界と比べても給与は比較的高水準にあるといえますが、飲料メーカーでも景気の影響を受けることもあれば、M&Aなどによって組織体制や事業展開が大きく変わる可能性もあります。

当然、飲料メーカーだからといって、必ずしも安定した給料をもらい続けることができるとは限りません。

しかし、売上高が大きな企業ほど給与面は恵まれている傾向にあり、最大手クラスの企業になると、30代後半~40代で平均年収が1000万円に迫るケースも見られます。

大手飲料メーカーでは、年齢や役職が上がっていくにつれてアップする給料の上がり幅も大き目となっているため、長く働けば、それなりに満足いく収入を得ることができるでしょう。

なお、昇給は年1回、賞与についてはは夏・冬の年2回という企業が多くなっています。ただし、会社の業績によっては賞与が支給されなかったり減額されたりすることもあるようです。

中途採用の場合は経験やスキルによって給料が決まることが多いため、業界内で転職し、給料をどんどんアップさせている人もいるようです。

初任給

飲料メーカーの初任給は、最終学歴によって異なります。

大卒で総合職として入社する場合は20万円~22万円程度、大学院修了の場合は22万円~25万円程度がボリュームゾーンとなっているようです。

技術職に関しては、初任給をやや高めの設定としている企業が多いようです。

待遇・福利厚生

飲料メーカーの待遇は、企業によって異なります。

一般的な諸手当としては、通勤手当、役職手当、家族手当、地域手当、超過勤務手当、住居手当などがあります。

そのほか、よくある福利厚生として各種社会保険制度、研修制度、社宅・寮制度、慶弔見舞金支給制度、退職金制度、社員持株会制度、財形貯蓄制度などが挙げられます。