飲料メーカー社員の就職、求人、採用の状況

新卒の採用人数はそこまで多くない

飲料メーカーでは、「大手」といわれる企業のほとんどで毎年新卒採用が行われています。

したがって、これから飲料メーカーへの就職を目指す若者には十分なチャンスがあるといえますが、各社とも採用人数についてはそこまで多くないようです。

大手飲料メーカーにおける例年の新卒採用実績は、技術系職種と事務系職種あわせて50名以下、多くても100名に満たないくらいの企業が多く、開発職や営業職といったように志望する職種だけで考えると、かなりの狭き門となることもあります。

大手飲料メーカーは知名度が高く、給与面など安定しているところも魅力であり、大勢の志望者が集まりやすいため、採用試験は厳しいものになるかもしれません。

求人情報の見つけ方

飲料メーカーの新卒採用は、基本的に志望者が自由に応募できる「公募」の形となっています。

毎年、就職活動が解禁される時期になると各社の採用専用ホームページが開設され、そこから情報を集めてエントリーを行うといった流れになります。

あるいは、就職活動向けポータルサイトに求人情報を掲載している企業も多くあります。飲料メーカーの求人情報を見つけることは、さほど難しくはないでしょう。

派遣や契約社員として働く人も

飲料メーカーの求人の多くは正社員としての雇用となっていますが、なかには派遣社員あるいは契約社員といったさまざまな雇用形態で募集されているものも存在します。

その場合の募集職種は正社員同様に、営業や事務、品質管理、製造など多岐にわたりますが、正社員より応募資格が緩めに設定されているケースが多いようです。

大手飲料メーカーは人気が高いため、正社員の求人は相当な高倍率になることもあるようです。

どうしても中途採用で飲料メーカーへの転職を成功させることを望む場合には、正社員以外の求人も探してみるとよいでしょう。