飲料メーカー社員に必要な資格、スキル

就職に資格やスキルは必要?

新卒の人が飲料メーカー社員として働くうえで、何か特別な資格やスキルが求められることはほとんどありません。

就職活動の際、多くの人が気にするのが大学での学部・学科や専攻でしょう。

飲料メーカーでは技術系職種と事務・営業系職種に分けて採用を行っていることが多く、とくに技術系職種の場合は大学で学んだことが採用試験における選考基準の一部となることもしばしばあります。

しかし、それだけで合否が決定するわけではなく、人間性なども重視して総合的に判断されます。

大学で学んだことだけで、業務で必要な知識・スキルがすべてまかなえるわけではありません。

基本的には入社してから研修や実務を通してスキルを身につけることになるため、まずは「これから何がしたいか」を第一に考えて応募することが大切です。

普通運転免許は必要とされる企業が多い

飲料メーカーに入社するうえで、唯一求められることが多いのが「普通運転免許」です。

とくに営業職に就く可能性がある場合には、普通運転免許はほぼ必須と考えておいたほうがよいでしょう。

ただし、応募時点で免許を取得できていなくても、入社までに取得すればOKという企業がほとんどのようです。この点については事前によく確認しておくことをオススメします。

多様な個性を持つ人が求められている

とくに大手飲料メーカーは社員の数が多く、事業規模も大きいため、企業側はさまざまな個性や価値観を持った人を求める傾向にあります。

よくいわれるパソコンスキルや語学力などは就職試験でのアピール材料の一つにはなりますし、実際に業務で役立たせられる場面もあります。

しかし、こうした資格やスキルは入社後でも本人の努力次第で得ることができるため、まずは自分の得意分野や強みをよく理解し、それをしっかりとアピールすることが大切です。

そのなかでも、「誠実さ」「勤勉さ」「バイタリティ」などは、どの企業においても歓迎される要素だといえるでしょう。