飲料メーカー社員として働くには(大学・学歴・学部など)

各社の社員採用試験を受験する

飲料メーカー社員として働くには、各社が実施する社員採用試験を受ける必要があります。

大手飲料メーカーのほとんどは定期的に新卒採用を実施しており、大学や大学院を卒業する人がそのまま就職できるルートを設けています。

企業によって若干異なりますが、飲料メーカーにおける新卒の募集職種はたいてい、技術系としての「研究開発職」や「エンジニアリング職」と、「事務・営業職」に分かれています。

具体的な仕事内容としては、研究開発職は飲料の技術開発や商品開発、生産管理、成分などの研究、エンジニアリング職は生産設備の新規導入や維持・管理に関する業務が挙げられます。

事務・営業職は、営業、マーケティング、広報、人事、総務、経理、物流といった幅広い業務があります。

学部や学科の指定について

一般的に、技術系職種については、いわゆる「理系」の人を対象とした採用が行われています。

なかでも、研究開発職は生物系、化学系、農学系、薬学系、エンジニアリング職は電気系、機械系、化学工学系などの学部・学科が中心となります。

一方、事務・営業職については、全学部全学科を対象としている企業がほとんどです。自然と文系の人が多く集まっています。

企業によっては総合職と一般職で分けていることも

企業によっては、「総合職」と「一般職(業務職)」という区分で採用試験を行っていることもあります。

総合職については、将来の幹部候補として幅広い職種を経験することが前提となり、全国各地に拠点を設けている企業では転勤の可能性もあります。海外赴任をする可能性もあります。

一般職(業務職)では原則として転勤がなく、日常継続的な業務を中心に担当することが多くなっています。この場合、短大卒や高専卒以上の学歴であれば試験を受けられる企業もあります。

採用試験の募集職種や区分は企業によって異なるため、各社の募集要項をよく確認しておきましょう。