回答者:kapuriさん(女性/24歳)

職業名:イラストレーター / 現在の状態:経験者 / 経験年数:2年

仕事内容
PhotoshopやIllustratorを使って、基本的には自宅でPC作業。クライアントとの打ち合わせのために事務所を訪れたり、カフェを使うことが多かったです。狭いオフィスを借りて4人グループで活動し、一時期は企業の専任としても働いていましたが、割に合わず、主にフリーランスとして活動していました。
仕事のやりがい
自分の作ったものが店頭に並んだり、ポスターになったりするのを見た時にやりがいを感じました。また、企業DMを制作して評判良かったよと言われたことや、デザインしたものを使ってもらった時にもとてもうれしかったです。
覚悟しておいた方がいいこと
フリーランスの場合、確定申告を自分でしなければならないので非常に面倒くさいです。また、職業柄、納期までに仕上げなければならないものが多く、締め切りが近くなるほど残業が増えます。中には1週間くらい会社に寝泊まりしている人もいました。
給料・待遇
フリーランスの場合は自分のやった分だけ給料面でも帰ってきますが、なかなか安定しないために不安になることもありました。技術をつけていけばいくほど給料が上がるというものではなくて、人脈が大切な仕事だと思います。私の場合は平均して月18万ほどでした。
この職業の恋愛・結婚事情
出会いは多いようで、なかなか無いのが現状かと思います。勤務時間も長いので。ある程度の実績を積めば収入も安定しますが、最初のうちは金銭的にも結婚は厳しいかと。ただ、私の場合はイラストレーターなんですというと男性のウケは良かったように感じます。
この職業を目指す人へのメッセージ
イラストレーターは運と人脈がものをいう仕事だと思います。いくら技術があっても、素敵なクライアント様と出会えなければ意味はないですから。ポートフォリオの充実はもちろんですが、さまざまなコンテスト参加や持ち込みを行って実績を作っておくことをオススメします。