イラストレーターが海外市場で活躍するには?

日本人のコミックイラストは、高く評価される

日本が世界に冠たる漫画大国、アニメ大国であることは、誰もが知っていることでしょう。

お家芸だった工業製品の競争力が衰えた最近は、「クールジャパン戦略」として、日本が国を挙げて、漫画やアニメを世界に売り込んでいくことに力を入れています。

そうした中、日本人のコミックイラストレーターに海外でのお仕事を斡旋する組織なども、以前に比べ増えてきましたし、実際に成功するイラストレーターもたくさんいます。

言語の壁を越えやすい時代

最近は、自動通訳をしてくれる電子辞書や、かなりの精度で自動翻訳してくれるパソコンソフトなど、言語の壁を超えるためのツールが数多く生み出されています。

これらの技術のおかげで、外国語が苦手なイラストレーターでも、メールなどのやり取りで、海外からお仕事をいただくことは、可能になっています。

イラストレーターの仕事は、国内でこなす場合でも、すべてメールのやり取りのみで可能ということが多いので、それの延長として、海外の仕事もこなせるのです。

中国に活路がある

日本企業のパンフレットでは、イラストや漫画が入るのは普通ですが、中国では、日本に比べるとかなり少ないです。絵を描ける人が、ずっと少なかったからです。

そのため、長年、有名人やモデルさんの写真が中心の広告になっています。

こうした中、中国企業でも広告にイラストや漫画を積極的に採用していく動きが強くなってきています。

とりわけ「進研ゼミ」のように漫画で商品をアピールするものは、中国でまったくといっていいほどなく、こうした「漫画」をからめたイラストを描ければ、中国での活路がさらに広がるといえるでしょう。

仕事体験談