プロのイラストレーターもフリーソフトを使う?(体験談)

執筆者:たか 32歳 男性 経験年数5年

使いなれたソフト「Gimp」

フリーソフトは素人の使うもので、プロが使うものではない、と思っている方も多いかも知れませんが、まったくそんなことはなく、プロのイラストレーターでも、いいフリーソフトなら、たくさん使っています。

有名なものだと、「Gimp」という画像編集ソフトです。

フォトショップとほとんど同等の機能を持っていて、フォトショップが買えなかった頃、ずっとGimpを使っていたという人の場合、プロになってからもGimpの方が作業が早いので、ずっと使い続けていたりもします。

フォトショップとGimpで何が違うかというと、納品する時に、受け付けてもらえるデータか、そうでないか、ということです。

フォトショップデータだと受け付けてもらえますが、Gimpだと受け付けてもらえません。

それ以外の違いは、あまりないといっていいです。

私はIllustratorは使っても、フォトショップで納品するお仕事は今のところあまりないので、そういう人間だと、普通に毎日Gimpを使っています。

イラレデータに変換できる「potrace」

また、一般的にはマイナーだけどすごいソフトで「potrace」というものがあります。これはビットマップ形式の画像を、イラレのデータに変換してくれるすぐれものです。

画像は拡大したら画質が落ちてしまいますが、これでイラレデータに変換すれば、どれだけ拡大しても縮小してもまったく変わらない画像になるのです。

イラストレーターの間では、このソフトはとても評判がいいです。私の知人や私は「神認定」しています。Illustratorを使う人は、ぜひ試してみてください。

仕事体験談