フリーランスのイラストレーター

フリーランスになる人も多い

イラストレーターは、会社勤めをする以外に、フリーランスとして仕事をする人もたくさんいます。

フリーランスになる道も人によって異なり、最初から独立して少しずつ仕事を増やしていくケースもあれば、会社員のイラストレーターとして経験を積んでから独立というケースもあります。

フリーランスになる・ならないはあくまでも個人の自由ですが、独立すると、会社勤めの場合とは働き方や収入の得方などもだいぶ変わってきます。

なかには大変なこともあるため、よく考えてからフリーランスになることを決めたほうがよいでしょう。

フリーランスの特徴

以下に、フリーランスという働き方の特徴を挙げてみます。

収入は働いた分だけ

会社勤めの場合、「月給」あるいは「時給」といった形で、もともと会社に決められた給料が支払われます。

しかし、フリーランスの場合は1つの案件ごとに報酬を設定し、その案件をこなすことでお金が入ってきます。

つまり「出来高制」となるため、仕事をたくさんこなせば収入は増えますが、仕事がなければ大きく収入ダウンになってしまう可能性があります。

また、仕事の単価も人によって異なり、ベテランイラストレーターと新人イラストレーターでは、同じ案件でも単価にだいぶ差がつくこともあるでしょう。

仕事は自分で得る

会社勤めであれば、新しい仕事は会社や部門、チーム単位で得ることがほとんどであり、個人で仕事を取りにいくことはめったにありません。

一方、フリーランスは基本的に、そのすべてが個人での動きとなります。

営業をかけて、自分の力で仕事を取ってくる必要があります。

会社の看板やブランドは利用できないため、自分の実力や実績をアピールして、取引できるようにするしかありません。

フリーランスは絵を描く以外に、営業やお金まわりの管理、保険の手続きなど、あらゆることを自分でやる必要があります。

働く場所や時間は自由

フリーランスのイラストレーターの場合、会社に出社する必要はありません。

案件には締切がありますが、それさえ守っていれば、そしてきちんと成果を出していれば、どこで仕事をしようと何時に仕事をしようと文句はいわれません。

会社勤めに比べると、働き方はだいぶ自由度が高いといえるでしょう。

フリーランスで成功するには

フリーランスの働き方に憧れを抱く人は多いかもしれませんが、意外と向き不向きが出やすく、いざやってみると会社勤めのほうが安心して働けるという人もいるようです。

会社の影響を受けずに働ける自由は得られても、絵を描く以外のあれこれまで自分で考えて動かなくてはならないのは、フリーランスの大変なところといえるでしょう。

また、フリーランスは決まった時間に仕事をしなくてもよいため、しっかりとした自己管理能力や計画性が求められる働き方といえます。