イラストレーターに学校の勉強は必要?(体験談)

執筆者:たか 32歳 男性 経験年数5年

イラストレーターには「読解力」が必要

これはしておいた方が確実にいいです。正確にいうと、無理に学校に入る必要はないのですが、一度入ったなら、最後まで勉強した方がいいと思います。

イラストレーターにも色々ありますが、ほとんどの仕事は、「文章を読んでイラストをつける」ことになります。

その文章は、小説の時もあれば、ハウツー本もあるし、説明書の時もあります。

とにかくありとあらゆるジャンルのお仕事を突然いただくのですが、その時、そのジャンルやテーマが未経験であっても、まず文章を熟読する必要があります。

そして、その文章にもっとも合ったイラストを提供するのが、イラストレーターの仕事なのです。

つまり、このお仕事はまず「読む」ことから始まるのです。

その読解力の基礎となるのは、国語だけでなく、全教科の知識です。本はたしかに日本語で書かれていますが、書かれている「内容」は、日本語以外の何かについてなのですから。

なので、イラストレーターには読解力が必要であり、その読解力を伸ばすには、全教科の基礎的な知識が必要なのです。必須とまでは言いませんが、あるとないとでは大違いです。

物事をよく考える習慣をつける

実際、イラストレーターが本業なのに、エッセイなどでも作家顔負けのすばらしい文章を書かれるイラストレーターさんは多数見えます。

それはやはり、お仕事の中でたくさんの文章に触れてきたからでもありますし、イラストレーターになる前から、学校の成績がよかったかどうかはともかく、常にアンテナを張って、物事をよく考えていたからだと思います。

なので、学校に今通っているなら、最後までしっかり通うと、将来とてもいいことがあるといっていいと思います。

仕事体験談