アイドルのアイドルの身長・体重・スタイル

最近では長身のアイドルも多い

数年前は身長の低い、マスコット的なかわいらしさを持つアイドルが多かったこともありました。

2000年に『モーニング娘。』から派生したグループ『ミニモニ。』などはまさにその走りで「身長150㎝以下」というメンバーで人気を博しました。

現在はどうかというと、たとえば『AKB48』を見ても平均身長約158㎝と、日本女性の平均とほぼ同じ数値。

つまり、身長が低いアイドルもいれば高いアイドルもいるということ。

最近はあまり身長にとらわれないファンが多く、身長160㎝台のアイドルも多くいます。

低い分には問題なし、高い分にも170㎝後半など極端に高くなければ問題ありません。

むしろ高身長はモデルとしても活躍できるなどのメリットも多いでしょう。

健康的な細さがベスト、ストレス太りに注意

「アイドルになるためにダイエットしなければ!痩せなければ!」と思っている人も多いと思います。

気持ちはわかりますが、実は体重に関してもそこまで神経質になる必要はありません。

ファンのほとんどは痩せすぎてガリガリより、少しぽっちゃりのほうが好きなことが多いです。

アイドルの必須仕事であるグラビア撮影も、ガリガリよりは少しふっくらとしている方が魅力的。

大事なのは常に笑顔で、健康的であること、そして顔と身体のバランスです。

バランスさえよければ、ぽっちゃりも案外と目立たないもの。

注意したいのがストレス太り。

アイドルはデビュー後、人気が上昇し、忙しくなるとストレスのはけぐちとして食べ過ぎてしまう傾向があります。

デビュー前や、デビュー直後は痩せていたアイドルが、気が付くとぽっちゃりになっていることも少なくありません。

150㎝台で55㎏を超えたら危険信号。ぽっちゃりを通り越してがっしり見えてしまいます。

グラビアなどで水着になる機会も多く、ステージでは軽やかにダンスを踊らなければならないことも忘れないように、日ごろから体重管理はきちんとしておくことが必要です。

アイドルにクビレは必要なし!?

アイドルに意外と多いのが、ややずんどう気味のスタイル。

若年化が進んでいる影響もあるのでしょうが、クビレもばっちり、モデルみたいなスタイルのアイドルは意外と少なめです。

しかし、その未熟さがファンにとっては逆に身近に感じられ、好まれる傾向にあります。

グラビアがメインのアイドルでなければ胸の大きさもそこまで気にしなくても大丈夫。

誰もが憧れるような完璧なスタイルを求めるよりは、「お腹の肉は大丈夫か?」という身近なことを気にしたほうがよいでしょう。