アイドルの恋愛事情

恋愛は禁止!?

『AKB48』に「恋愛禁止条例」があるというのは有名な話です。

プロデューサーの秋元康氏が「恋愛禁止とは一度も言っていない。ただ真剣にアイドル活動をしていたら恋愛をしている暇などないのでは」と「恋愛禁止条例」などないと表明していますが、実際はやはり恋愛はNGという認識が一般的です。

アイドルは大勢のファンに恋をしてもらって人気が出ていくもの。

ライブがあれば毎回通って応援して、CDやコンサートチケットも買って、テレビも録画して、生活のすべてを費やして応援する熱狂的ファンも少なくありません。

そんなファンにとってアイドルの恋愛は時として「裏切り行為」としてうつります。

片思いしていた相手に実は彼女や彼氏がいた、そんな気持ちに近いのです。

そんな熱狂的ファンであればあるほど、その落胆は大きく、恨みに変わってしまうこともあるほど悲しみは深いのです。

恋愛発覚後は…

とはいえ、年頃の女の子、しかも可愛いアイドルときたら、周りも放っておきません。

誘惑も多いでしょう。

『AKB48』のようなプロ意識の高いメンバーばかりのチームでもやはり恋愛問題は発覚します。

ついつい、デートをしてしまった、一夜をともにしてしまった。それが雑誌やテレビでスクープされてしまった日には大変なことになります。

では、恋愛発覚後はどのような対応をしているのでしょう。

アイドルグループに属している場合

グループの場合、たったひとりの熱愛発覚がグループ全体の評判や人気を落とすことになり、その責任は重大です。

『AKB48』の峯岸みなみさんなどは、恋愛スクープで一度頭を坊主にしています。ほかにも、恋愛発覚後、責任を取ってグループを脱退したアイドルも多くいます。

アイドルグループに属していない場合

人で活動している場合、熱愛が発覚しても影響が降りかかってくるのは自分のみですが、グループという盾がないぶん、影響はダイレクトにきます。

失ったファンからの信用を取り戻すまで、早くても数ヵ月から一年はかかるでしょう。

間違っても同様のスクープがでないよう、しばらくは自粛モードで生活を改めることが必要とされます。

スクープされない恋愛も多い

報道されているアイドルの熱愛スクープは実は一部。公表されないだけで、実際はもっと多くの熱愛がスクープされています。

なぜ公表されないのか?

スクープを報道するリスクを犯す雑誌や出版社が少ないからです。

たとえばAという有名事務所所属のアイドルの熱愛写真を外部のカメラマンから持ち込まれたとします。

その写真を掲載できるのはおそらくほんの一握り。

なぜかというと、一度でもA事務所のアイドルの熱愛スクープを掲載した雑誌、そしてその雑誌を出している出版社は二度とA事務所のアイドルを普通に取材することができなくなります。

つまりブラックリスト入り、A事務所出禁になってしまうのです。

アイドル誌だけでなく、女性誌、男性誌でもひっぱりだこの人気アイドルを使えないのは雑誌にとって十分命取りになります。

一度のスクープでの話題性を取るか、今後の安定した売り上げを取るか、明らかに後者をとる出版社のほうが多く、必然的にアイドルや事務所にとって都合の悪い記事は世の中に公表されにくいのです。

アイドルの恋愛相手は?

これは結婚相手と同様、さまざまなケースがあります。

スポーツ選手の場合もあれば、実業家、ヘアメイクさん、お笑い芸人、おささなじみなどの一般人など。

時にマネージャーと恋仲になるアイドルもいます。

意外と少ないのがアイドル同志。

お互い、恋愛御法度、事務所の目が光っているとなれば、恋愛への発展のしにくさも倍なのは当然といえば当然。お互いただでさえも仕事が多忙なうえに、マスコミの目も常に光っています。

必然的に長続きがしにくい状況になり、数ケ月で自然消滅という結果も多いようです。