アイドルの事務所

所属タレント数百人の超大手から数名の個人事務所まで

アイドルが所属する「芸能事務所」、またの名を「芸能プロダクション」といいます。

大手ともなれば研究生も含めた人数、数百人規模となる事務所も存在します。

その反面、数人規模の小さな事務所も星の数ほどあります。

アイドルのお仕事受付の窓口となる事務所は、テレビ局やマスコミなど、芸能界全般に太いパイプを持ちます。

そのコネもやはり大手であればあるほど太く、各所への影響力も大きなものとなります。

それゆえに、最初は小さな事務所へ所属していても、人気上昇とともに大手事務所へ移籍するアイドルも多くいます。

対して、「養成所」はまだ事務所に所属する前のアイドルがかようもの。

事務所が運営する専用の養成所もあれば、専門学校的な養成所まで色々とあります。

有料のところが多く、入所時に審査はあるものの、そこまで厳しいものではありません。

ほとんどの養成所が事務所とのパイプを持っており、公開オーディションには各事務所のスカウトマンを招待し、在校生デビューの場を作ってあげています。

いろいろな基礎を一から学びたいという人は、養成所からスタートするのも良いでしょう。

日本最大パワーのジャニーズ事務所

今や国民的アイドルとなった『SMAP』や『嵐』が所属するジャニーズ事務所。

知らない人がいないほどのこの事務所の影響力は芸能界最大と言っても過言ではありません。

ジャニーズ事務所のアイドルが必ず主演をつとめる「ジャニーズ枠」と呼ばれるドラマ枠があったり、毎号ジャニーズ事務所のアイドルが表紙を飾る雑誌があったり、いたるところで一目置かれた存在となっています。

ドラマに出れば視聴率が上がり、グラビアに出れば雑誌が売れるのだから、オファーはひっきりなしです。

大手事務所のわりに、とくに大きな公開オーディションをすることがないので、入所したい場合は個人的に履歴書や書類などを事務所に直接送らなければなりません。

お母さんやお姉さんなど、家族が勝手に応募するケースも多いようです。

養成所を併せ持つナベプロ

お笑い芸人から俳優、アイドルまで幅広いタレントが所属する老舗芸能事務所の渡辺プロダクション、通称「ナベプロ」。

特徴的なのはその規模。グループ会社は全12社、その中には松坂桃李さんが所属するトップコートや、『ザ・ドリフターズ』が所属するイザワオフィスなどもあり、規模的にはかなり大きな事務所となっています。

また、「ワタナベエンターテイメントカレッジ」というタレント養成スクールも運営しており、その生徒数もかなりのもの。

高校3年生から29歳まで、アイドルや俳優を志望する若者が、歌やダンス、演技などを日夜学んでいます。

卒業生には、陳内将さん、山田裕貴さんなど戦隊系で大活躍したアイドルもたくさんいます。

このように、芸能事務所のスクールというだけあって、エキストラや前座などナベプロ枠の仕事も多く舞い込み、力を認められればすぐに系列事務所に所属となるのも強みです。