百貨店社員のつらいこと、大変なこと、苦労

莫大な商品知識を身につけること

百貨店社員の大変なことは職種や担当業務にもよりますが、たとえば販売職に就く場合、自分の担当売り場で扱っている商品についてはしっかりと覚えなくてはなりません。

売り場によっては商品の点数がものすごく多く、また入れ替わりも激しいため、次から次へと覚えることが出てきて苦労します。

また、ギフトラッピングや配送といった、お客さまのニーズに応えるための多様なサービスに関する正しい知識も必要とされます。

お客さまから問い合わせを受けた際に「よくわかりません」と言うわけにはいきませんから、現場に出るとなると思っている以上に勉強が必要となります。

販売以外の業務でも、百貨店社員として働く以上は自社で取り扱っている商品やブランドの知識を得ることが重要です。

限られた人員で回している職場も多いため、毎日が目まぐるしく過ぎ、1日があっという間に過ぎてしまうと感じるでしょう。

いつでも笑顔でい続けること

百貨店社員はお客さまに対して、どのような時でも笑顔で、誠実に向き合う姿勢が求められます。

百貨店では、どうしてもクレームを受けることが多くなります。

「ありがとう」と言っていただける反面、お叱りの声を受けることもあり、精神的にまいってしまいそうになることもありますが、お客さまと接するときは笑顔が基本。

社内研修では、そうしたお客さまとの接し方に関する教育はみっちりと行われ、日々の業務のなかでも厳しくチェックされます。

疲れていたリ、落ち込んでいたリする時にも気持ちを切り替えなくてはならないことは、百貨店で働くうえで大変なことのひとつです。

スタッフ同士の人間関係に悩む人も

百貨店という空間は、そこで働いている人にとって閉鎖的な環境だと感じやすいものです。

販売職など多くの社員は出勤すると1日中建物の中で過ごしますし、人間関係についてはどうしても、同じショップで働く社員やスタッフとのコミュニケーションが中心となります。

なかなか開放的な気分は味わいにくいのが事実です。

また職場にもよりますが、百貨店は女性のスタッフがとても多く、派閥やグループのようなものが生まれやすい一面もあるようです。

なかには「お局」のような女性もおり、人の陰口や悪口が飛び交っている職場の雰囲気になじめず、それに悩んでしまう人もいます。

もちろん、すべての職場がそうというわけではありません。スタッフ全員が素晴らしい人間関係を築いて、前向きに楽しく仕事をしている職場もあります。

ただし、狭い空間で仕事をすることが多いため、人間関係は濃くなりがちだと考えておいたほうがよいでしょう。