百貨店社員の就職、求人、採用の状況

大手は定期採用が基本

百貨店といっても、誰もが名を知る大規模な百貨店から地方のローカルな百貨店まで規模はまちまちですが、大手の場合、新卒の正社員採用に関しては、ほぼ毎年定期的に実施されています。

大手では「大卒以上」の学歴が求められることが多く、「総合職」として一括採用されたうえで、入社後はまず売り場で接客・販売の経験を積んだのち、本人の希望や適性に応じて各部門へと配置となる流れが一般的です。

年度にもよりますが、大手百貨店では毎年10名~30名程度を新卒社員として採用しているところが多いようです。

なお、百貨店業界は以前に比べると厳しい状況にあるといわれるものの、それでも学生の就職先としては比較的人気が高いことが特徴です。

とりわけ大手の場合、初任給はさほど高くなくても福利厚生や各種制度、教育体制がしっかりと整っているため、採用試験では高倍率となることも珍しくありません。

正社員以外の採用も多い

各百貨店では、新卒での正社員採用のほか、契約社員やアルバイト・パートの採用も比較的よく見られます。

とくに販売職に関しては、契約社員やパート・アルバイトとして活躍している人も多いです。

これらの雇用形態であれば、通年で実施されていることも珍しくなく、正社員採用に比べると間口は広くなっているといえるでしょう。

なお、百貨店では中途入社の社員もたくさん活躍しており、全体として女性社員やスタッフの割合が高い業界であることから、人材の流動性は比較的高いと考えられます。

「女性にとっての働きやすさ」を大事にしている企業もたくさんあるため、女性が仕事を長く続けることはできますが、結婚や出産といったライフステージの変化によって転職や離職をする人も少なからずいるからです。

なお、一部の百貨店では「正社員登用制度」を置いており、そこでは契約社員としての頑張りや成果が認められると、正社員になれるチャンスを掴むこともできます。