放送作家の役割

番組ブレーン

放送作家はテレビ番組やラジオ番組を作る上で、どのような役割があるのでしょうか。ここでは放送作家が、現場でどんなことを求められているのかを紹介していきます。

まず第一の役割は、企画を提案することです。レギュラー番組や新番組など、番組の根幹を担う企画を企画書として、制作会社やテレビ局に提案します。

制作会社やテレビ局によって、制作する番組の色や、得意とする内容がそれぞれあるので、きちんとそれを活かした企画を提出することが求められます。

企画が通ると、ロケや収録までの間に、「何を主軸にして番組を制作していくべきか?」を番組ディレクターやプロデューサーと共に練っていきます。

ですが、このような企画会議では、アイデアが煮詰まってしまうことが往々にしてあります。

そんな時に、過去の番組作りでのノウハウや、視聴者が求めていることを的確に発言するのも放送作家の役割です。つまり、放送作家は、番組制作における「ブレーン」の役割を担っているのです。

言葉のプロ

番組の内容が決定した後に、ロケ収録やスタジオ収録があります。この場に放送作家が見学に行くこともありますが、ここではあまり仕事はありません。

むしろ、収録後に仕事が待っています。

収録した後、ディレクターがVTRを編集し、番組全体を繋いでいく作業に入ります。その際に、番組会議では見えなかった点が明らかになることがあるので、あらためて番組の構成を調整する必要が出てきます。

ここでも作家は、番組をさらに良くするためにディレクターにアイデアを提案します。

編集が終了した時点で、ナレーション原稿というナレーターが読むための原稿を書き上げるのも放送作家の役割です。ここでは、番組の良さを引き出せる言葉の選択や、日本語力が必要になってきます。

ディレクターは映像のプロならば、放送作家は言葉のプロです。視聴者に番組の面白さを少しでも多く伝えられるように台本を書くことが求められます。

出演者を活かす

また、番組を作る上で放送作家に求められることは他にもあります。それは、出演者を活かす企画を作ることです。

たとえば、バラエティ番組を制作するならば、どれだけ面白い芸人をキャスティングしたとしても、彼らの魅力を潰すような番組内容では、そのキャスティングもまったく意味をなしません。

これは、ドキュメンタリー番組でも同様です。

テレビ画面に映る人々がどのように映るのかを考えて、ディレクター陣が間違った方向に行きそうになったら意見を言うのも放送作家の役割なのです。