放送作家の現状と将来性

テレビ番組はなくならない

テレビ離れが進んでいるとも言われる世の中ですが、それでも各局は早朝から深夜まで多種多様な番組を放送しています。そして、この先もテレビ放送がなくなることは非常に考えにくいと言えます。

キー局の視聴率は低下傾向と言われていますが、CS放送などの多チャンネル化により、番組数は増えている状況です。ですから、考え方によっては放送作家はとても将来性がある仕事です。

視聴率がとれる番組を担当する敏腕放送作家、年収何千万円も稼ぐ人気放送作家は100人もいないと言われています。テレビプロデューサーなど番組制作の中心に携わる人たちは、才能を感じる新たな放送作家の登場を今か今かと待っているのです。

放送作家に求められること

しかし、昔と比べればテレビの存在感が薄れていることもまた事実です。そんななかで放送作家に求められるのは、「どれだけ人の心を動かせる番組が作れるか」ということ。それはバラエティであっても、ドキュメンタリーであっても変わりません。

視聴者が「面白い!」「また観たい!」と思ってくれるような番組を作っていく必要があります。

活躍できるかは自分次第

放送作家は実力主義の仕事です。人気があれば引っ張りだこ状態になりますし、「この人は面白くない」と思われれば、いつの間にか仕事が無くなってしまいます。決して年功序列でもないので、人気があればいつまでも仕事を続けられます。

どれだけ活躍できるかはまさに自分次第。常に頭をフル回転させて企画を考え、幅広い知識を身につけて必要とされる存在になれれば、仕事はいくらでも舞い込んでくるでしょう。