放送作家に向いている人、適性

テレビ好きであること

第一線で活躍している放送作家たちは、「とにかくテレビが大好き」だと言います。テレビ番組の企画や構成を考えるのに、テレビが嫌いであってはどうしようもありません。ですから、放送作家を目指すのに「テレビ好きなこと」は最低限必要です。

もちろん、普段からさまざまな番組をくまなくチェックしているのも大切ですが、「特別に好きな番組があって、その思い入れだけは誰にも負けない」という気持ちを持っていたり、「自分ならこんな企画を考えるのに」と想像してしまう人は、放送作家に向いていると言えます。

人を喜ばせることが好き

放送作家はただ黙々と台本を書くだけではなく、自分で企画を考え、それをプロデューサーたちに伝えなければなりません。せっかく面白い企画でも、相手にその面白さが伝わらなければ採用してもらえません。

また、そもそもテレビ番組は視聴者を楽しませるために作るものです。ですから、「人を喜ばせることが好き」や「自分の考えを表現することが好き」という人も、放送作家には向いているでしょう。

また、業界内でのコネクションも仕事を得るために大切です。面白い企画を考えられるというだけでなく、一緒に仕事をしたいと思われるような社交性を持ち、かつ仕事に対して誠実であることも必要です。

柔軟性や発想力も必要

せっかく自信を持って出した企画案でも、それがボツになることは日常茶飯事です。また、「もっとこういう視点で」と要望を出されることもあるでしょう。

そんなとき、落ち込まずにポンポンと別のアイディアを出せたり、すぐに方向転換できるかという柔軟性も放送作家には必要な素質です。そのためには、日々世の中の動きにアンテナを張り巡らせてネタ集めに勤しむことも欠かせません。

豊富なアイデアを求められる仕事です。常におもしろいこと、新しいことに興味を持ち、誰も思いつかないようなことを考えられる発想力のあるタイプが向いていると言えます。